Entry

初めてのつけペン

先日、講習会でつけペン用具ひと通りを購入しました。
ペン先、ペン軸ともに何を選んでいいか分からなかったので、相談した理事の方が使われているというものを選択。

・SL1994
・ゼブラ タマペン(クローム色)
・ペン習字用開明墨汁

ファイル 365-1.jpg

ペン先をペン軸に差し込んだところ、画像のように奥まで入りませんでした。
これでいいのか不安に思いつつ書いてみたところ、思ったより書きやすい!
(多分、つけペンは書きにくいという先入観があったからだと思います…)
確かにガリガリしますが、許容範囲というか、むしろ好み。
容易に強弱を付けられますが、逆にちょっとした加減で太さが変わるため、筆圧のコントロールが重要だと感じました。
私は筆圧が強いためか、若干カリグラフィーのような感じに…^^;

これで清書をするにはまだまだ時間がかかりそうですが、楽しみながら練習したいと思います。

あかしや 新毛筆 古都(筆ペン)

以前から気になっていたあかしやの筆ペンを購入しました。

ファイル 357-1.jpg

いつも使っているぺんてる 筆ペン XFL2F 極細との比較になるんですが、穂先が短めで、非常に柔らかく感じました。
ちょっと慣れるまで時間がかかるかも。
でもインクの調整をしなくていいのはとてもいいです。
ぺんてる筆ペンだとよくインクを出し過ぎてしまうので…。

あかしや 筆ペン

ネットをウロウロしていたら、ちょっと気になる筆ペンを見つけました。
素敵なデザイン、持ち運びやすそうな大きさ。
レビューを見ると書き味もよさそう。
筆ペンのストックが減ったら^^; 購入したいと思います。

買い初め

ファイル 285-1.jpg

・硬筆書写ソフト下じき
・プラチナ カートリッジインク(ブラック)
・HI-TEC-C 0.25
・Hybrid TECHNICA 0.35

計600円ちょっとのお買い物。
今年もペン習字を頑張りたいと思います。

色彩雫(iroshizuku)ミニセット

世界堂本店にて、色彩雫のミニセットを購入しました。
色は竹炭と孔雀だけ決めていて、もう1色は悩んだままお店へ。
山栗と青系で悩んだ挙げ句、鮮やかな青色の紺碧を選びました。

ファイル 269-1.jpg

紙ケースに入っています。

ファイル 269-2.jpg

プラ?っぽいケース。
思っていたよりしっかりしています。

ファイル 269-3.jpg

じゃじゃん!
容量は15mlで瓶は小さめ。

ファイル 269-4.jpg

カキモリの33ml入りとの比較。

ファイル 269-5.jpg

さっそく竹炭をパイロットのペン習字ペンに入れてみました。
入れたばかりだからかも知れませんが、通常の黒インクよりすっきり書ける気がします。

プレピー 0.2(極細)

ファイル 213-1.jpg

前記事の絡みで新プレピーの1本にエーデルシュタイン・オニキスを入れたので、せっかくだし純正インクとの比較をしてみました。

ファイル 213-2.jpg

純正のプラチナ黒インク(右)の方が細く感じますが、黒の濃度の違いかも?
オニキスの方が黒々としています。

エーデルシュタインオニキス+デスクペン 雑感(追記あり)

ペリカンのエーデルシュタイン・オニキスを購入したので、空いたペンからインクを入れ替え、使ってみました。

ファイル 212-1.png

まずパイロットのペン習字ペンで書いてみたところ、プラチナ、パイロットのものより黒く感じました(大体同じ太さの線で比較)
次に、使い込んでちょっと太くなったプレピー0.5で書いてみたところ、きれいな濃淡が出ました。
どちらも好みの結果。
なので嬉々としてプラチナ、パイロットのデスクペンにも入れてみました。

下の画像のプラチナDPQ-700AとパイロットDPN-70-BEFにオニキスが入っています。
他はそれぞれ純正インク。
画像じゃ余り違いが判りませんね^^;
蛇足ですがDPN-200-BEFは残念ながらハズレ個体だったようで、横画を書くとガリガリ紙を引っ掻きます…。

ファイル 212-2.jpg

練習用のルーズリーフでもコピー用紙でも滲まず、なかなか良い感じなので「ペンの光」規定部の清書にも使うことにしました。
用紙はA-1です。ボールペン用のつるつるした紙ですが、つけペン・デスクペン用のA用紙の方がなぜかデスクペンで滲むので、常にA-1を使っています。

……が。

何ということでしょう…。
すごく短いスパンで濃淡が出るため、線が凸凹して見えます。あと若干の滲みあり。
多分インクのせいだけではなく、私の運筆がゆっくりなのと、筆圧が高いせいでそうなるのではないかと思われます。ぶっちゃけ相性が悪い…orz

いい黒なのに!

このままでは清書ができないので速攻インクを抜きました。
おとなしく純正インクを使います。

抜いたインク(カートリッジ)は買ったばかりのプレピー0.2に挿しました。
純正インクよりフローが良いのか、線が太めになります。

 
他、パイロットのデスクペン、ペン習字ペンは紙の繊維を噛みやすい気がするので、今後はプラチナのデスクペン+純正黒インクが主力になりそうです。

 
●2014.11.11 追記
デスクペンのインクをプラチナの純正黒に戻しても、滲みは発生しました。
インク交換前は滲まなかったので、洗浄もしくは他に何らかの原因がありそうです。

Page

Utility

Calendar

< 2018.6 >
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
- - - - - - -

Profile

Entry Search