Entry

ペンの光 2018年7月号 清書

久しぶりにじっくり練習に取り組めました。
が、ずっと検定対策で自運ばかり練習していたせいか、基礎力が落ちている気がします。


規定部
今回特に漢字と平仮名のバランスが難しく感じました。

ファイル 579-1.jpg


筆ペン部
楷書は少しの狂いも大きく響くので、あちこち気になっていつも以上に書き直しをしました。
それでも妥協できるところまですらもっていけず、諦めてこれを提出。
筆ペンは久しぶりにぺんてるの「すき穂」を使用しました。

ファイル 579-2.jpg

硬筆書写技能検定 1級 結果

6/17に受験した検定の結果が届きました。

準1級合格時は合格証書が入った細長い箱が届いたので、封筒が届いたら不合格なんだろうと身構えていました。

届いたのは、長3の封筒。
やっぱりダメだったか~、実技の何にチェックが入ってるだろうと開封してみたら。

ファイル 578-1.jpg

え!!!?????

ちょっとわけがわからない…。

えええ!?

驚きの余り「合格」の2文字が頭に入らず。
その後フワフワした気持ちで、震える手で仕事を続けました。

自分なりに頑張ったとはいえ、緊張でずっと手が震えていたのでこりゃダメだ、と諦めていたのですが…。
三体をしっかり書けたこと、第三問と第四問で行末を揃えることができたのが良かったのかな。第五問、文字の太さが問題にならなかったようで良かった。

まだ実感がありませんが、どうかこの合格が間違いじゃありませんように…!!

ペンの光 2018年6月号 清書

検定(6/17)が終わってから練習開始と、今までで一番遅いスタート。
ぎりぎりまで粘りましたが、満足できないままの提出となりました。


規定部
ファイル 577-1.jpg


筆ペン部
ファイル 577-2.jpg


手紙実用部
ファイル 577-3.jpg

11月の検定に向けて

緊張MAXの検定から一週間。
今後やるべきことが見えてきたのでまとめてみます。


●第一問 速書き
まずゆっくりきれいに書く練習から。
練習用紙、筆記具の検討。

●第二問 三体
楷書、行書の字形見直し。
草書の復習。

●第三問 縦書き・行書
流れを意識する。
連綿の練習。
知識ゼロからのつづけ字・くずし字の書き方

●第四問 横書き・楷書
文字の大きさ、字間。

●第五問 自由作品
文字の大きさ、太さ。
配置の工夫。
筆記具の検討。

●第六問 掲示
練習用紙より文字が太りやすいので、細く書く練習。
筆記具の検討。
大きさ、太さのメリハリ。
余白を意識。

過去問の練習記録

11月の検定に向けて再始動!
…の前に、今回の練習記録を見直してみました。

3月中旬までが繁忙期のピークとはいえ、練習開始は遅かったようです。
それでも約3ヶ月、結構頑張ったなぁ(笑)


▼理論
歴史的仮名遣いと添削を最後まで満点にできませんでした。

ファイル 575-1.jpg


▼実技
今回は速書きにも力を入れたのに、本番では一番ダメだったかも。
実技は過去問以外にも練習に工夫が必要。

ファイル 575-2.jpg

ファイル 575-3.jpg

硬筆書写技能検定 1級受験 振り返り

ペンの光 2018年5月号 清書

検定の勉強があるため、ほどほどで清書しました。
横書きはもう少し書き込みたかったなぁ。


規定部
ファイル 573-1.jpg


筆ペン部
ファイル 573-2.jpg

Page

Utility

Calendar

< 2018.10 >
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
- - - - - - -

Profile

Entry Search