Entry

ペンの光 2015年10月号 筆ペン部 練習

今月は始動が遅め。
「非」が難しいなぁ。

ファイル 459-1.jpg

ペンの光 2015年9月号 清書

今回は練習に時間を割いたわりに、集中してできないことが多かったように思います。

 
●規定部
書いても書いても、新たに気になる部分が出てくるというループでした。
片仮名のカーブがきれいに書けないのと、文字が上下してしまって全体のバランスを取るのが難しかったです。
つけペン使用(タチカワ T-600 クローム)

ファイル 458-1.jpg

 
●かな部
平仮名がついつい小さくなりがち…。
つけペン(ゼブラ タマペン)使用。

ファイル 458-2.jpg

 
●筆ペン部
今回も難しかったです。
一時期、思うように書ける!と感じるようになった時があり、その頃と比べて最近はずっと書けていない気になります。ひとつ階段を上ったのだと思いたいけど。

ファイル 458-3.jpg

 
●受験部
散々デスクペンで練習・清書した後、納得できなくて、結局つけペンで書き直しました。
全体的に中心と字粒が揃っていないことが気になりますが、これが今の精一杯。

ファイル 458-4.jpg

筆ペン練習帳 P.26 日常的な文字を筆ペンで書いてみよう 2

「ペンの光」の練習にいつもより時間がかかってしまったため、久しぶりの練習帳です。

P. 26 南・北・夏・冬
「らくらくマスター 筆ペン練習帳」より

苦手な文字のオンパレード。
特に「南」「冬」はバランスが取りづらいです。
「冬」は筆ペンのインクが出過ぎていることもあり、不格好な鳥みたいに見えます…。
どれも課題では頻出なので、もう少し練習したいと思います。

ファイル 457-1.jpg

ペンの光 2015年9月号 受験部 練習

いつもは数枚書いて、その中から選ぶのですが、今回は短所ばかりが目について何枚も書き直しました。
下の2枚のうちどちらかを提出しようと思ったのですが、それぞれ納得できない部分があって更に練習中です。

ファイル 456-1.jpg

#3776 センチュリー ロジウム「シャルトルブルー」

ファイル 455-1.jpg

●製品仕様
ペン先 大型14 金(ロジウムフィニッシュ)
胴軸・鞘・カバー・天冠(AS 樹脂) 
カバーリング・金輪・天輪・尻輪(黄銅にロジウムフィニッシュ)
クリップ(ベリリウム銅にロジウムフィニッシュ)
●サイズ 全長139.5mm× 最大径15.4mm 重量20.5g
http://www.platinum-pen.co.jp/press_270525.html より

買っちゃいました。
EF(極細)やUEF(超極細)がある通常のものと迷ったのですが、青にロジウムの銀色がとても綺麗で、その魅力に抗えませんでした。
これはペン習字ではなく、手紙や普段使いの実用に使いたいと思います。

ファイル 455-2.jpg

ファイル 455-3.jpg

▲初回限定のブロッターカードがついていました。
シリアルナンバー入り。

ファイル 455-4.jpg

愛用インクの耐水実験

連日大雨なので、ずっと気になっていたインクの耐水について調べてみました。
といっても既に実験されている方はたくさんいて、その結果も見てはいるんですが、自分の実用範囲でどの程度耐えられるかが気になったのでやってみることにしました。

自分の実用範囲とは、送った手紙が雨などで濡れても文字が読めればいい、という程度のものなので、余り厳密ではありません。
文字を書いて数時間後、流水に30秒間晒す、という方法で試してみました。

 
1.無印良品のルーズリーフ
普通の薄い上質系の紙。

カスタム74 EF+エーデルシュタイン オニキス
デスクペン(DPQ-700A EF)+プラチナ 黒
デスクペン(DP-1000AN F)+プラチナ カーボンインク
デスクペン(セーラー。型番不明)+セーラー 黒

ファイル 454-1.jpg

書いてから9時間半後に実施。
意外にオニキスとカーボンでないプラチナ黒が残りました。
とはいえ水にだいぶ流れているので、手紙などでは滲んだインクが留まり読み辛くはなりそうです。
オニキスは払いなど運筆が速いところはかなり薄くなっています。
カーボンインクはさすが、微動だにしていません。
似たような上質系の一筆箋でもほぼ同様の結果でした。
 

2.マルマンのルーズリーフ
やや厚みがあり、表面がつるっさらっとしています。

カスタム74 EF+エーデルシュタイン オニキス
デスクペン(DPQ-700A EF)+プラチナ 黒
サファリ EF+エーデルシュタイン アメジスト
kakuno F+色彩雫 孔雀

ファイル 454-2.jpg

書いてから2時間半後に実施。
オニキス、プラチナ黒ともに読める程度には残っていますが、無印のものより流れて薄くなっています。
以前「ペンの光」の清書用紙(Aー1・つるつる)で実験した時は読めないくらいに流れたので、つるつるの紙は流れやすいようです。

 
どちらも思ったよりオニキスとプラチナ黒が残ったのは意外でした。
ハガキなど耐水性が必要なものは別として、通常使用には問題なさそうです。

新しい万年筆に顔料を入れようか悩んでいたんですが、愛用のプラチナ黒で充分と分かりホッ(結局それかー!)

 
※あくまで個人の実験なので、結果を保証するものではありません。

ペンの光 2015年9月号 練習中

ブログの更新は久しぶりですが、ペン習字の練習はしていました。
……というか、「ペンの光」の練習中はブログが滞ります^^;
多分今後もこの調子だと思うので、更新がなかったら練習頑張ってるのね、と思ってください(笑)

今月は規定部、かな部、筆ペン部のみの予定です。
余裕があれば受験部も。
受験部は受験対策というより、単純に楽しいから練習しています。

ファイル 453-1.jpg

ファイル 453-2.jpg

Page

Utility

Calendar

< 2017.3 >
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
- - - - - - -

Profile

Entry Search